グルコサミンとコンドロイチンの違い

グルコサミン、コンドロイチンという名前については、対になって見かけられることが多いものです。それぞれの成分は軟骨にはたらきかけ、関節をスムーズに動かすような効果を発揮します。もちろんこまかなところでは違いがあり、グルコサミンは天然アミノ糖の一種であり、アミノ酸と糖が結合しているものです。老化が進んでいくと体内で生成される量が減っていき、結果として軟骨がすり減り痛みを覚えるようになるため、外部から補給することで軟骨の再生がうながされます。一方コンドロイチンは、ムコ糖類といわれる糖類の一種です。こちらも関節痛の痛みに関係しているものですが、軟骨を再生させるはたらきはありません。軟骨を分解させる酵素のはたらきを阻害するものとなっています。


大阪 ゴミ

「切らずにすむ手術」が大人気

大阪市都島区にお住まいの方はこの情報サイトで周辺を調べましょう

美味しい人気回転寿司 札幌

体育家庭教師が日々更新しています